Contents:

Big Image

注目の抜かない歯列矯正法

歯列矯正を歯を抜かずに行う方法が注目をされています。これは、従来までの小臼歯を抜いてから行う治療方法と違い、先に奥歯を外側に広げて歯全体の並ぶ円を大きくとれるようにし、そうしてできたすき間を利用して前歯を並べ直すという方法です。抜歯をして行う歯列矯正方法の場合、治療に長い時間がかかるばかりではなく、治療後に呼吸に影響を与えられることも多かったので、傷も少なく早く治療が終わる抜かない歯列矯正方法は現在大変人気があります。
それまでの歯列矯正は、どちらかというと美容整形と同じような感覚で行われていることも多く、若い時期の見た目をよくすることが第一目標とされてきました。そのため、歯や歯茎の力の弱まる老齢期への影響については軽視されがちになっていました。
また、従来の歯列矯正方法は健康な歯を4本強制的に抜歯することによって成り立つ方法であったため、自然に歯の抜け落ちる時期を早めているということも指摘されてきました。
抜歯をしない治療方法は、現在大変研究が進められています。それまでは奥歯を広げるという治療の成果を待ってから前歯の気になる部分移動という方法がとられていたので、抜歯をするよりも長い時間がかかることが問題点とされてきましたが、現在はこの「スペース確保」と「気になる部分の整列」を同時に行う方法も研究されており、抜歯をして行う歯列矯正方法と比べても、それほど極端に期間や費用に差が出てしまうことはありません。

Site Menu