Contents:

Big Image

歯列矯正のメリットとデメリット

歯列矯正といっても、大きく二種類の方法があります。一つ目は、歯並びの悪い前歯を整えるため、奥歯と前歯の途中にある「小臼歯」という歯を4本抜いてしまい、空いたスペースを利用して並べ替えを行うという方法です。この抜歯をしてからの歯列矯正方法は現在歯科大学などで教える一般的な方法とされているようです。
しかし、歯列矯正方法として最近脚光を浴びるようになってきたのが、反対に「抜歯をせずに行う歯列矯正」という方法です。抜歯をしない歯列矯正の場合、まず最初に奥歯を外側に動かすようにして全体的に歯の入るスペースを広げ、空いた場所を利用して前歯の並び替えを行うようにします。少し前までは、このような「抜かずにスペースを作る」という方法はほぼ不可能とまで言われてきたので、施術方法の発見は実に画期的な方法であったということができます。
また、従来までの抜歯を伴う歯列矯正の場合、のちにトラブルに発展するデメリットがあることもよく報告されています。抜歯をして行う歯列矯正の場合、歯を抜いたすき間を利用しての治療になるため、治療完了後には歯並びは最初に比べてやや小さくまとまるような形になってしまいます。これは見た目こそきれいになるものの、舌の位置も後方に押し下げられてしまうため、呼吸の方法に違和感を感じやすくなります。
抜歯歯列矯正後、鼻への空気の通りが悪くなり、眠った時にいびきをかきやすくなってしまったという例もあります。

Site Menu